【2014.2月号】

すきっちゃ やまぐち!今月の顔

中国芝浦電子株式会社
代表取締役 河村 利夫 氏
山口商工会議所 常議員・2号議員

山口市宝町1番76号
TEL/083−925−5000
http://www.chushiba.co.jp/

中国芝浦電子株式会社

1966年(昭和41年)生まれ。山口市出身。山口高等学校を卒業後、岡山大学工学部へ進学。大学院修了後、住友電気工業(株)で7年間勤務、1998年(平成10年)に中国芝浦電子(株)へ入社。2010年(平成22年)に代表取締役に就任。

《 「信頼」とともに  》

会社のあゆみをお聞かせください。
 1952年(昭和27年)4月に、有限会社河村モータースを祖父が設立しました。その後、1964年(昭和39年)6月に、有限会社山口パーツセンターに社名を変更、1978年(昭和53年)5月に、中国芝浦電子株式会社に組織・社名変更をしました。1983年(昭和58年)に周南営業所を、1989年(平成元年)に広島営業所を開設し、山口県を中心に、無線機、通信機及び電気機器の販売・修理他、監視カメラ、セキュリティシステム、LED照明など、設計から施工・保守に至るまで、トータルなソリューションサービスを提供しています。

多くのサービスを提供されておられますね。
 多くの営業品目がありますが、いくつかご紹介させていだきます。まず、無線装置につきまして、各市町村に設置されている防災行政無線システムから、タクシーなどに用いられる一般無線装置、車載無線機、携帯型簡易無線機、特定小電力無線機、近年注目されているIP無線機まで幅広く取り扱っており、他にも近年急速に普及しているAED(自動体外式除細動器)も取り扱っています。

 次いで、セキュリティーが求められる時代であることから、監視カメラを取り扱っています。最近では、監視カメラが事故や事件の瞬間を撮影していたという事をよく耳にしますが、自分達だけでなく、社会を守るという意味でも監視カメラは普及してきています。値段や性能も様々ですので、我々のような専門業者にご相談いただければ、使用目的に応じてご提案させていただきます。

 事業用ではありますが、太陽光発電システムも東芝と連携していますので、ご満足頂ける製品をご提供できると思います。最近、スマートシティ(ITや環境技術などの先端技術を駆使して街全体の電力の有効利用を図ることで、省資源化を徹底した環境配慮型都市)というように、街や建物全体をコントロールして、省エネしましょうという取り組みが進んできています。当社は東芝製品を中心に、スマートファシリティー事業として、一つのビルで言いますと、照明はLEDに変えましょう、パソコンもノートPCに変えて消費電力を落としましょう、屋根の上には太陽光発電を設置しましょうなど、トータル的にエネルギーをコントロールする仕組みを手掛けています。

 さらに、昨年より2つの事業を開始しました。1つ目は、無線インカム、無線機、トランシーバーを通販で購入していただけるよう、公式オンラインショップ『無線ダイレクト』を開設いたました。会員登録無料のオンラインショップです。簡易無線機などのお見積もり承っておりますので、ぜひお問い合わせください。詳しくは、こちらをご覧下さい→ http://musen-direct.com/

  2つ目は、クラウドサービスの開始です。これは、イベントやセミナーの案内ページと申込フォームを作成するものです。インターネットで申込みを受付けますので、主催者様の手間はかかりませんし、自動受付締切や定員設定などの人数制限も簡単にできます。自動集計することで、途中経過の確認や受付終了後の管理も簡単にできます。詳細な打ち合わせを行わせていただき、お客様のご要望にお応えできるよう、サポートをいたしますので、ぜひご利用ください。現在、学会やフォーラム、総会の出欠確認などにご利用いただいております。

今後の会社の方針をお聞かせください。
 創業して今年で62年になります。皆さまにご愛顧いただいたおかげで、ここまで来られたと感謝しております。当社は分かりづらい事業内容のために、よくお客様から「何をしている会社なのか?」と聞かれます。会社の場所は県道に面しているので、存在自体をを知って頂いてる方は多いのですが、『TOSHIBA』の看板があるだけで冷蔵庫を売っている様子もないし、店頭に商品が並んでいる様子もないということで、すごく不思議がられます。
当社は一般のお客様と接することが少ないB to B(企業間商取引)が主力のため、理解されづらいのですが、情報通信のことで何かわからないことがありましたら、何なりとお尋ねいただけると嬉しいです。

  当社の社是は、「信頼」です。あたりまえですが信頼をなくせば仕事はできません。真面目に仕事をすれば、それが必ず返ってくると強く信じています。当社に頼んでよかったと思ってもらえるように日々努力しております。もちろんご迷惑をおかけする事もございます。それでも全力でフォローし、精神誠意リカバリーすることで、お客様にご理解ご協力いただき今日までこられたと思っております。また、これが山口というまちで、お客様に長くご愛顧いただく唯一の道なのかなと思っています。

山口に帰って来られる際に、不安はありましたか。

中国芝浦電子株式会社

 山口というところは、私にとっては大好きな故郷です。こちらには友人もたくさんいますので、帰ってくることに対しての不安というものはありませんでした。ただ、サラリーマンという雇われる身でなくなるという漠然とした不安はありました。

  よくサラリーマンと自営業のどちらがいいかと聞かれることがあるのですが、まだ結論は出ていませんし、これからも出ないのかも知れません。ただ、間違いなく言えるのは、両方経験することが出来てよかったということです。各々の立場からの視線で捉えることで、面白い答えが出てくることがあります。また、県外へ出ていたので故郷山口への見方、意識も変わりました。尊敬できる上司・先輩、そして今でも杯を交わせる同僚や後輩に出会えたというのも、サラリーマン時代の宝となっています。

山口というまちに対する思いは。
 山口のまちは、良い意味でも、悪い意味でも、住みやすいのではないかと思います。良い意味では、治安も含めて住みよいですし、子供も見守られながら暮らしていけます。それは、逆に言えば、若者にとっては窮屈に感じる部分かもしれません。10代後半からは、誰も知らない世界で頑張りたいという思いが出てくるものです。子供と高齢者にとっては、いいまちかもしれませんが、若者には少々物足りないのかも知れません。

 就職先がなければ、居たいと思っても若者は居られません。産業が活性化しないと、雇用は生まれませんので、我々中小企業も含めて仕事をしっかりして、まちを元気にすれば、そこに新しいビジネスが生まれ、雇用も生まれると思います。

  会議所が取り組まれている、アクティブエイジングシティ構想は、山口というまちにぴったりだと思います。外から帰ってきた人間だからこそ、微力ではありますがそういう活動の力になりたいと思っていますし、お役に立てればと思っています。

[企業概要]
創     立:1952年(昭和27年)4月1日
資 本 金:20,000千円
従  業 員:22名
営業所:周南・広島
事業内容:通信機器・無線装置・ページング・拡声装置・監視カメラシステム
防災無線/消防無線システム・コンピュータシステム・測定機器・発電機
遠方監視装置・セキュリティシステム・AED・OA機器・視聴覚機器等の
販売、施工、修理および保守
電気工事、電気通信工事および消防施設工事業
無線局登録点検事業者
高度管理医療機器等販売業・賃貸業 など

   山口商工会議所月報

中小企業相談所 起業サポート 「私の起業」

みらい個別指導学院
上田 茂 氏

山口市小郡下郷1232―1 右田ビル2F
TEL/ 083−976−8028
http://miraikobetsu.com/
■事業内容
学習塾
■受付時間 14:30〜21:00

みらい個別指導学院

大学時代からずっと、講師業に縁があります。
 萩市の出身で、大阪の大学で学びました。大学時代のある時、先輩に塾講師のアルバイトの代理を頼まれ、そのままそこで教え始めました。大学卒業後は、アルバイトをしていた塾にそのまま就職しました。その後、大手英会話教室の大阪本社で大人向けに子供の指導の仕方を教える仕事に就き、また塾経営についても学びました。2004年に山口に帰ってきて学習塾の教室長として働き、いまでは教える仕事は二十年以上就いていることになります。山口に帰ってくる前から、いつかは独立したいと考えていましたが、大阪の学習塾事情は分かっても、山口の事情はわからなかったので、山口市の学習塾に勤めることから始め、一昨年起業しました。

自立学習のできる生徒を育てる塾
 生徒が自立して学習できるようになり、成績も上がり、将来の夢が見つかるという塾作りを目指しています。教えるのは、小学生と中学生の全教科と高校生の英語です。英単語の覚え方や数学の問題の解き方ひとつとってもいろいろな方法があり、どのやり方が正解というものはありません。自分に合っていて、納得のいく学習方法が見つかれば、子供たちは楽しく勉強を続けることができます。パターンを覚えるだけではダメで、自分でやってみて、失敗することを繰り返していくことが大切です。当塾では、要領の良い解き方を教えるのではなく、生徒自らが自立して学習できるように指導していきます。間違いは正解へのきっかけにもなり得ますから、答案についた×は宝物だと生徒に言い聞かせています。

将来に目標のある子の方がよく勉強します。
 生徒たちを教えていて思うのが、将来に目標のある生徒の方がよく勉強するということです。目標があれば、気持ちが揺らぐことなく、好奇心を持ち続け、精神的にも安定して学習に取り組むことができます。目標のある子は、意志が固く、模試の合格判定が悪くても気にせず勉強に打ち込み続けます。

  子供たちの持つ夢は、将来的に別の夢に置き換わっても良いと思いますが、ゴールが見えていたほうが走りやすいのは確かです。当塾では、生徒に職業適性検査を受けてもらい、「こんな仕事があるんだ」と知ってもらうきっかけづくりも行っています。

みらい個別指導学院

起業塾で起業の仕方を学びました。
 開業を決めてから、知人に勧められて山口商工会議所に相談に行きました。塾の運営については経験があるので分かりましたが、起業する方法がわかりませんでした。起業塾で学んだ、経営の仕方や経営理念を策定する方法は大変役に立ちました。また、これから起業する多くの人たちと知り合うことができたことも有益でした。小郡近辺には起業塾の同期生が多いので、定期的に集まって情報交換をしたり、励まし合ったりしています。

より多くの生徒に自立学習を
 自立学習のできる生徒を増やしたいというのが、私の理想です。将来的には教室を増やしてより多くの生徒を教えたいと考えていますが、100人に教えて70人の成績を伸ばすよりも、10人に教えて確実に10人全員の成績を伸ばしたいと考えているのでしっかりとした体制をつくってから挑戦したいと考えています。

 教える側でも教えられる側でも、私の考えに共感いただける方は、是非一度ご来校いただきたいと思います。

   山口商工会議所月報

中小企業相談所 企業サポート 「私の商い」

サンポヤ
柳井 貴行 氏

山口市後河原163
TEL/ 083−902−5242

■事業内容
定休日:月曜日
営業時間:10:00〜20:00
事業内容:ペットフード・ペットの生活用品の制作・販売

犬連れの方も、犬猫好きの方も、その他の方も、どなたも歓待いたします。

サンポヤ

ものづくりを仕事に
 山口市出身で、駅通りで育ちました。会社員生活を経て、自分でデザインしてものを作り、世の中の人に使ってもらうことを仕事にしたいと思い、起業しました。そこで、動物が好きなので、動物のフードや生活用品を作り始めました。

  お店は工房兼販売店舗で、トリミングスペースやカフェもあります。

オリジナル商品を開発し続けています。
 主な商品は、ペットの服、フードとおやつです。2月発売(予定)のペットの服は、パターンを起こして山口市にあるブルーウェイさんに縫製をお願いしました。服には、サビエル記念聖堂、五重塔、大内塗りといった山口の名所・名物をモチーフにした刺繍を入れました。山口の人にも、山口発のものを使っていただきたいですし、山口のお土産にもなるといいなと思います。

  ドッグフードは、野菜やお肉を包丁で切って、乾燥機で乾燥させたオリジナルブレンドです。お肉は、料亭に卸しているお店から仕入れています。お客様には、作っている本人が、お店にいるから安心と感じていただけるようです。おやつは人気があり、予約が入ったり、他県から買いに来てくれる方もいらっしゃるほどです。

  その他に、フードボウルや首輪などのペットの生活用品も取り扱っています。普通のペットショップには置いていないようなブランドの商品も置いています。

山口の情報を県外に発信

サンポヤ


 山口市の頑張っている人たち、ものづくりに携わっている独創的な人たちが集まって、rootersというブログサイトを立ち上げました。それぞれがブログを書いて、インターネット上で、山口の生活情報やグルメ情報を発信しています。企業広告だけでは、遠方に住んでいる人には山口の姿はわかりませんが、このブログを見れば、観光に来る人も楽しめますし、昔山口に住んでいたという人から、「懐かしいな」とご連絡をいただいたりもします。

山口は盛り上げる価値のあるまちです。
 匠のまち支援事業は、私の夢を具体化するところで支えてくれました。補助金と商工会議所の支援があったので、開業に向けて一歩踏み出せました。

  去年は、アイデアなどを仕込む一年だったので、今年は、お店を成長させる一年にしたいです。

  将来的には、店内のほとんどの商品をオリジナルのものにして、全国に向けて販売していきたいです。また、お店の中でフードや服を作っている様子や、首輪を染めている様子などをお客さんに見てもらう形にしたいです。古民家のたたずまいに工房は似合うと思います。地元の方や観光客の方を対象に、その人が自分のお土産を作っていく体験型の工房にして、作る過程を見てもらいたいですね。

  山口は、他所からわざわざ来てもらえるくらい楽しいところです。サンポヤにも、毎月、岡山から来て、コーヒーを飲んで犬のおやつを買って帰って下さる方もいます。山口市と一の坂川エリアを盛り上げて行きたいと強く思っています。ぜひ、みんなで楽しくやりましょう。