小郡宰判絵図

  幕末期に描かれた「小郡宰判」の詳細を記した絵図帳です。「宰判」とは江戸時代の長州藩で、郷村を支配するために用いられた独自の行政単位です。旧吉敷郡南部地域に位置する小郡宰判は、およそ17か村でなりたっています。  絵図が描かれた年代は不明ですが、中下郷の図面に椎の木峠トンネルと、その上に3つの溜池があるところから、おおよそ嘉永6年以降の製作と思われます。

小郡宰判絵図について

山口湾の開作について

提供:山口市小郡文化資料館

小郡宰判絵図