『 職場のメンタルヘルス対策について 』

主催  山口商工会議所理財部会・山口産業保健支援センター

 厚生労働省が全国の医療施設に対して行った調査によると、日本の気分障害者数は、平成8年には43万人程度であったものが、平成20年には104万人にまで増加しています。医療機関を受診していない患者も多く、実際には更に多い患者数が推測されます。
 勤労者の間で多く見られる「現代型・新型うつ」や「隠れうつ」など、症状も多様化しており、職場の管理者に求められる労務管理も大変困難になっています。
 今回の講演会では、講師に現役の医師をお招きし、医師の目から見た「メンタルヘルス対策」を医療現場での症例をもとにお話しいただきます。是非、この機会にご聴講ください。


とき 日 時
平成26年10月23日(木)19:00〜20:30
     
ところ 場 所
山口商工会議所5階 コミュニティホール
     
講師 講 師
中 邑 義 継 氏
(医療法人社団豊美会田代台病院 理事長・院長)
   
【講師プロフィール】
1944年山口生まれ。
1969年山口大学医学部卒業。
以後、山口大学医学部、山口県立中央病院等の精神科に勤務。
2000年から医療法人社団豊美会田代台病院の院長に就任。また、精神科医と
して診療に従事。公的には、山口労働局の地方労災医員、山口産業保健総合支援センターの産業保健相談員として、メンタルヘルス等の精神障害に対する意見・相談対応等を行う。
     
定員 定 員
60名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
     
受講料 受講料
無料
     
研修内容 内容

★職場のメンタルヘルスの意義と事業者の義務
★職場のストレスやメンタルヘルス不調に繋がりやすい出来事
★職場のさまざまなメンタルヘルス不調
★職場で取り組むメンタルヘルス対策
★メンタルヘルス不調者の早期発見・早期対応
★メンタルヘルス不調者への対応と職場復帰