消費税転嫁対策セミナー(山口商工会議所)

主催  山口商工会議所・山口中小企業相談所

 いよいよ本年10月から、住民票のある全ての国民一人一人にマイナンバー(個人番号)が通知され、来年1月から制度が始まります。マイナンバーの対象分野は、社会保障、税、災害対策に限定されておりますが、事業所が関係するのは、社会保障と税の分野に該当することとなります。
 つきましては、規模問わず、全ての事業所が対応することになることから、消費税の転嫁対策を含む税制に及ぼす影響とマイナンバー制度によりとるべき対応策等についてセミナーを開催します。
 この機会に是非ご参加ください。


とき と き
平成27年8月27日(木) 13:30〜15:30
     
ところ ところ
小郡地域交流センター2階視聴覚室
     
講師 講 師

藏岡 英樹氏(藏岡労務管理事務所代表・社会保険労務士) 

   

〈プロフィール〉
明治大学経営学部卒業。地元金融機関に入社後、貸付、得意先係を担当。その後、2年間の社会保険労務士事務所勤務を経て、平成13年9月に独立開業。
 得意分野は人事制度、賃金制度、就業規則、労務管理。労務問題の悩みやもめごとを、経営者の立場で支援するコンサルタント。

定員 定 員
30名(定員になり次第締め切ります)
     
受講料 受講料
無 料
     
研修内容 内 容
@消費税転嫁対策について      
税率引き上げによる問題点、価格転嫁への対策 など
A「マイナンバー制度導入による企業への影響」
・マイナンバー制度とは?
・マイナンバー制度導入に向け、企業がやるべきこと
・マイナンバー漏洩の場合の企業・管理者の責任と罰則